ホームサービス内容 < 忍者便

忍者便

荷物1台分の値段を払っているのに、実際の荷物の量は1台に積める量の
3分の2、2分の1、3分の1の量なことはありませんか?
忍者便では、中小ロット単位の荷物を積み合わすことにより、常に満載の状態で走るため、
車数台分のコストを削減することができます。
帰りは資材の集荷をしながらというように配送コストの
大幅なダウンにつながります。









中・小ロット単位の出荷が多い、取り扱い品が特殊(易損品、液体、荷姿が異形)なため、どうしてもチャーター便を使用せざるえない。
取引先のオーダー締切の延長に物流が対応できないため受注のチャンスロスが大きい。

倉庫・出荷担当の残業時間を削減したいが、保管・出荷代行を任せられる物流会社がない。

納品先の多頻度小口納品に対応しきれていない。

営業担当 /平野 吉澤 高坂