ホーム < 未来への取組 < レール/道路一体型運送

レール/道路一体型運送

欧米ではすでに軌陸車(きりくしゃ)を使った、レール/道路一体型の運送が威力を発揮しています。
滋賀運送は、軌陸車の日本国内への導入に向けて取り組んでいます。

軌陸車とは

環境問題、予測困難な道路事情など、道路による配送は、ますます厳しさを増しています。
これに対して、線路による運搬は今後その重要性を増していくと考えられます。
しかしながら、トレーラー/貨物車間の荷物の積み下ろしに手間とコストがかかるため、その利用には限界がありました。
こうした課題を解決するため、道路ではトレーラー、線路では貨物車となる専用車輌が軌陸車です。
トレーラー/貨物車間における荷物の積み下ろしがないため、余計なコストをかけずに道路から線路へのスムーズな切替が行えます。
私たち滋賀運送は、次の時代を見つめて新しい一歩を踏み出します。

道路から線路へスムーズに切替

欧米では、トレーラーから貨物車への切替に必要な時間が数分、 しかもわずかなスペースがあれば可能という軌陸車が実用化されています。